フリーランスの始め方 ライフスタイル

Xmindを使ってマインドマップを書く!問題解決は5W1H

悩む人

マインドマップって何?

どうやって書くの?

こんな悩みを解決します。

本記事のテーマ

  • マインドマップの書き方
  •  Xmindの使い方

私は、記事を書くときや、普段の何気ない悩み事にもスムーズに問題解決できるマインドマップを利用しています。

今回、私が使用しているマインドマップのツールはXmindというアプリです。

マインドマップ自体は、紙に直接書いてもいいですし、マインドマップを作成するツールは他にもたくさんあります。

どのツールを使おうが、書き方は同じですので覚えておくと便利ですよ(^-^)

 

マインドマップの書き方

マインドマップとは、【考えていることを、全て目に見えるように書き出すこと】です。

画像を見るとわかりやすいですね!(Xmindを使用して説明してます)

  1. 中心に、自分が抱えている問題を書きます。
  2. 次に、中心から順番に5W1Hを入れて、問題を細かく分けていきます。

枝分かれしていくときに、覚えておいて欲しいのが5W1Hです。

  • いつ?(When)
  • どこで?(When)
  • 誰が?(Who)
  • 何を?(What)
  • なぜ?(Why)
  • どのように?(How)

これらを使って実際に入力してみます。

5W1Hがわかっているとスムーズに書くことができますね。

さらに枝を伸ばしてみましょう!

資格を取りたい!と頭の中で思った事が、マインドマップを使うことによって、こんなにも細かく書き出すことができました♪

まだまだたくさん追加できますので、頭で考えていることをすっきりと整理する事ができるのがマインドマップのいいところです。

X mindの使い方

まずはインストールしましょう。無料です!

XMind

XMind

XMind Ltd.無料posted withアプリーチ

インストールすると、この画面ですね。

※iPhoneでの画面です

右上の➕を押します。

すると下の画面になるので、好きなデザインのマップを選びます。

マップを選んだら

入力画面になります。

①項目を増やすときに押します。

②入力したいBOXを押して編集を押すとテキストが入力出来ます。

入力し終えたマインドマップは右上の点三つのマークを押して共有することも出来ます。

共有のフォーマットは4種類です。

  • 画像(.png)
  • Xmind(.Xmind)
  • PDF(.pdf)
  • Markdown(.md)

出先でiPhoneを使ってマインドマップを作成し、帰宅してからiMacに共有して使えるのが、私的にとっても便利だと感じます!

以上、マインドマップの書き方とXmindの使い方でした!

 

-フリーランスの始め方, ライフスタイル

© 2021 Powered by AFFINGER5