ライフスタイル

旦那が転職!妻はどうする?経験談を元に必要な準備や手続き方法を紹介

悩む人

旦那が転職したいって…現実を考えると、お金の心配もあるし今の安定した生活が変わるのも怖い。

応援したいけど、どうしたら良いの?

 
 

こんな悩みを解決します。

こんな方におすすめ

  • 転職したいと言われたらどうするか
  • 転職のメリット、デメリット
  • 転職に必要な準備
  • 会社を辞めた後の手続き

記事の信憑性

旦那の転職を5回経験済。(前向きな転職6回目予定あり)

この記事を読んで、転職を応援できる環境を整えていきましょう!

旦那が転職したい理由を知る

まずは、応援するも何も、転職したい理由がわからないと話になりません。

転職したい理由の例

  • 人間関係の問題
  • 給料が低い
  • 労働時間の悩み
  • やりたい仕事がある
  • キャリアアップしたい

ちなみに、私の旦那の始めての転職理由は【給料・労働時間・やりたい仕事】の3つが理由でした。

旦那が転職したいと言ってきたら

まずは、転職したい理由をじっくりと聞いた上で、賛成か反対かを決めましょう。

「転職したい!」と言われ「その間の生活費は?」とお金の心配をしてしまうのも無理はないけれど、ここは今の職場で満足していない旦那の意思を尊重するべきだと思います。

働く現場のことは、旦那にしかわからない事。頭ごなしに反対はしないでくださいね!

そして、理由がわかったところで

  • 転職先はどこなのか
  • どんな準備が必要なのか

を具体的に話し合っていきましょう。

旦那の転職で妻ができる事

転職理由に納得できたら、妻ができる事はたくさんあります。旦那を支えながら応援し、一緒に転職の準備を進めていきましょう。

旦那の転職先が決まっている場合

いつ会社を辞めて、いつから転職先の会社に勤めるのかを明確にしておきましょう。

有給が残っている場合は、有給消費分の期間も入れておく必要がありますね。

出来ればどんな会社なのか知っておくと安心です。ネットで会社のホームページを見たり、求人サイトや転職サイトで調べてみましょう。

旦那の転職先が決まっていない場合

次にどんな職場で働きたいのかを聞いて、一緒に仕事探しをしてみましょう。

やりたい事がわからない場合、人材紹介会社を利用するとスムーズに転職先が決まるかもしれません。

また、転職したいと思っている仕事に資格が必要な場合、どこで資格を取るのかも調べる必要があります。

妻が専業主婦の場合、パートに出る事も検討してみましょう。お金の心配も少しは軽減されるかもしれませんよ。

 

転職のメリットとデメリット

転職をしたいと思っていても、「現実的じゃない」と諦めてしまっている人や、なかなか前に進めないでいる人がいると思うので、転職にまつわるメリットとデメリットを知ってからもう一度検討してみてはいかがでしょうか?

転職のメリットは?

何と言っても、旦那の【やりたい仕事が出来る】というのが一番のメリットではないでしょうか。

他にも、

  • 給料が増える可能性がある
  • 休みが増える
  • キャリアアップ出来る
  • 視野が広がる

といったメリットがあります。

実際に、我が家は旦那が転職してくれたおかげで給料は2倍以上増え、旦那もやりたかった仕事が出来て楽しそうです。

そして、新築の家を建てる事ができました!転職前の会社のままだと無理でしたよ…´д` ;

転職のデメリットは?

転職をするとなると、一番気になるのがお金の問題ですよね。

会社を辞めてから、次の会社に勤めるまでの期間は無収入になってしまいますが、その間も社会保険料と住民税(市民税)の支払いがあるので覚えておきましょう。

他にも、

  • 生活費の確保が必要
  • 必ずしも思い通りに行くとは限らない
  • 手続きが大変

といったデメリットがあります。

私は、旦那が仕事をやめてすぐ、住民税の納付書が送られてきた時に「収入ないのに何で!」と一番びっくりした記憶があります。

住民税は前年分の収入に応じて、6月から翌年の5月分を分割し給料から天引き納税されています。分割払いなので、会社を辞めると残りの住民税は納付書を使って支払いしなくてはいけません。

 

転職に必要な準備

転職の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 転職する会社を決める
  2. 面接に行く
  3. 会社の決まりに従って退職日を決める
  4. 必要に応じて手続きをする
  5. 新しい会社に入社

この流れに沿って必要な準備を説明しますね!

転職する会社を決める

転職しようと思ったら、人材紹介会社を利用したり求人サイトを使うなどをして転職したい会社を決めましょう。

面接に行く

面接の格好にスーツという決まりはありませんが、正装で行った方が無難です。

会社の決まりに従って退職日を決める

会社には「退職する場合は◯ヶ月前までに報告する」という決まりがあるのがほとんどです。なので「明日辞めます!」という事は出来ません。会社にも準備がありますしね。

必ず余裕を持って退職日を設定しましょう。その際、有給の有無も確認しておきましょう。

必要に応じて手続きをする

会社を退職したら、しなければならない手続きがあります。自分に必要な手続きを確認して必要な書類を用意しておきましょう!

①社会保険の場合、退職日に健康保険証を返却

会社を辞めると保険証も無くなってしまうので手続きを行う必要があります。

  • 任意継続保険
  • 国民健康保険
  • 家族の保険

のいずれかに加入しましょう。

任意継続保険の場合
住んでいる地域を管轄する協会けんぽ支部に申請
申請期限は退職日の翌日から20日以内
必要な書類は任意継続被保険者資格取得申出書本人確認書類被扶養者に関する書類
国民健康保険の場合
住んでいる地域の市役所で申請
申請期限は退職日の翌日から14日以内
必要な書類は健康保険資格喪失証明書マイナンバー本人確認書類印鑑
家族の保険の場合
※転職先が決まっておらず、被扶養者の条件を満たしている場合に加入可能
保険に加入している人が勤めている会社に申請
申請期限は退職日の翌日から5日以内
必要な書類は戸籍謄本などの続柄確認書類退職証明書などの収入要件確認の書類

②厚生年金から国民年金に切り替え

住んでいる地域の市役所で手続きが出来ます。手続きに必要な書類は以下のものです。

①年金手帳または基礎年金番号通知書
②離職票または退職証明書
③印鑑
④本人確認書類

③雇用保険の申請

転職先が決まっていない場合は、雇用保険の申請をしましょう。ただし、受給に関していくつかの条件があるので確認してください。

  • 自己都合退職で、離職前の2年間に被保険者期間が12ヶ月ある
  • 会社都合退職で、特定受給資格者や特定理由離職者に当てはまる場合、離職前1年間に被扶養者期間が通算6ヶ月以上ある

住んでいる地域を管轄するハローワークで手続きが出来ます。手続きに必要な書類は以下のものです。

①離職票
②マイナンバー
③本人確認書類
④印鑑
⑤写真2枚(縦3cm×横2.5cm)
⑥本人名義の通帳かキャッシュカード

申請期限は退職日の翌日から1年間です。

④確定申告

退職してから、年内に転職が決まっていない場合は、自分で確定申告をする必要があります。

確定申告をしないと、払い過ぎた税金が戻ってこないので必ずしておきましょう。

税務署や市町村の税務課で手続きが出来ます。手続きに必要な書類は以下のものです。

①確定申告書
②源泉徴収票
③保険料控除がある場合は証明書
④医療費控除を受ける場合は領収書

確定申告は、期間が2月16日から3月15日までと決まっています。

 

まとめ

旦那の転職、応援出来そうですか?

私自身が何でもチャレンジしたいタイプなので、旦那にもやりたい仕事をしてもらっています^^♪

転職したいと言われたらどうするか

  • じっくり理由を聞いて、意思を尊重する
  • 転職しやすいようにサポートする

転職のメリット

  • やりたい仕事が出来る
  • 給料が増える可能性がある
  • 休みが増える
  • キャリアアップ出来る
  • 視野が広がる

転職のデメリット

  • 生活費の確保が必要
  • 必ずしも思い通りに行くとは限らない
  • 手続きが大変

転職に必要な準備

  1. 転職する会社を決める
  2. 面接に行く
  3. 会社の決まりに従って退職日を決める
  4. 必要に応じて手続きをする
  5. 新しい会社に入社

会社を辞めた後の手続き

  • 社会保険の切り替え
  • 厚生年金から国民年金に切り替え
  • 必要なら雇用保険の申請
  • 必要なら確定申告

新しい事にチャレンジするのは不安が大きいと思いますが、今しか出来ない事もあると思います。

この記事を読んで、事前準備をしっかり行い、安心して旦那様が転職出来る事を願っています♪

-ライフスタイル

© 2021 Powered by AFFINGER5