ライフスタイル

アパートの探し方と初期費用や家賃の計算方法!同棲時代の経験談あり

初めてアパートを借りたいと思ってるけど家賃や間取り、初期費用についてわからないことが多い。私でもアパートって借りれるの?

こんな悩みを解決します。

◎本記事のテーマ

  • アパートを借りる手順
  • 家賃の目安の算出方法
  • 初期費用の目安

私も19歳〜20歳の頃に、同棲をしアパートを契約した経験があります。

「お金をかけたくない」「でもボロアパートは嫌!」と言うように、次から次へ疑問が出てきちゃって…。

でもその時は、中々費用の事を含めリアルな体験をした記事を見かけなかったのもあって、不安を抱えながらアパートを借りる準備をしたのを覚えてます。

参考:私が同棲時代に住んでいたアパート

  • 家賃は48000円(駐車場代込み)
  • 間取りは2DK(洋室6畳、和室4.5畳キッチン6畳)トイレとお風呂別
  • エリアは兵庫県の田舎

 

アパートを借りる準備

アパートを借りる時の流れを見ていきましょう。

  1. 間取りや家賃の目安、住むエリアといった条件を決める
  2. 条件に合う物件を探す
  3. 不動産に行く
  4. 物件を見に行く
  5. 申し込み(審査)
  6. 契約手続き
  7. 引越し
  8. 入居後の手続き

ややこしく見えますが、一度に全部しなきゃいけないって事ではないのでご安心を!

この記事では、申し込み前までを詳しく説明します。

飛ばしたい項目がある場合は、目次で知りたい情報まで飛んじゃって下さいね〜

 

\全国の賃貸情報が集結!/

祝い金がもらえる賃貸情報サイト-キャッシュバック賃貸-

アパートの条件を決める

条件は人によって様々ですが、

  • 家賃
  • 間取り
  • エリア

主にこの辺の条件を決めることが多いと思います。

ちなみに私は、エリアが決まっていたので

家賃→5万以内

間取り→リビング、寝室、キッチン、トイレとお風呂別(最低条件)

といった感じですぐに決まりました。

アパートを借りるエリア

学校や会社など通勤に不便のない場所や、長く住む予定であれば、将来を考えて公共施設(スーパーや病院など)が近い場所など、希望が出てくると思います。

大まかなエリアを決めておくと、後の工程がスムーズに進みます。

どこでもいい場合は、家賃や生活の利便性、間取り重視でオッケー!

アパートの家賃の目安

結論から言うと、住みたい地域によって家賃の価格帯が変わってくるし、月の給料から払える金額も人それぞれで変わってきます。

なのでハッキリこの金額でアパート借りれるよ!なんて言えません。

それでも目安を教えてよ!と言う方に、少し私の経験を交えてお話しします。

まず、アパートを借りようと思った地域の最低家賃を、賃貸不動産情報を使って調べました。田舎なのでピンキリだったのですが、駐車場代込みで4万円から8万円くらい。

そこから、自分が払えそうな金額を出していきます。家賃の予算を出す方法は以下にまとめました!

  • 固定費を書き出す
  • 食費をザックリ算出する
  • 大まかな光熱費を予想する
  • (給料)−(生活にかかる費用)を計算

【固定費】毎月必ず出ていく金額。私の場合は携帯代と、実家に入れる食費のみでした。

固定費の例
携帯代、保険料、学費、習い事、車のローンなど。

【食費】私が同棲した時は外食も多く、食費の目安も知らなかったので大人2人で6万円くらい使ってました。今思うとひどいです…。

1ヶ月(4週間)にかかる食費の計算方法の例(自炊の場合)

1週間4000円×4=16000円+外食の予備費

【光熱費】オール電化またはガスと電気別かにもよりますが、大人2人暮らしで2万円程だったのでこれを目安に計算してみました。

1ヶ月の光熱費の例

ガス1万円(冬は少し高く夏は安い)、電気4000円、水道6000円÷2=3000円(請求が2ヶ月に1回のため)

かなりザックリ計算してみたので、必ずしもこの通りではありませんが参考にはなると思います。

このへんの計算が出来たら、給料からこれらの費用を引いて、残る金額を出して下さい。

ここから家賃!ではなく、住む地域や借りるアパートによって変わってきますが、自治会費や管理費の支払いがあることもあります。(家賃に含まれることもあります。詳しくは不動産で確認しておきましょう。)

ここでやっと家賃の計算です。

当たり前ですが、残った金額を全て家賃に当てると、交際費や貯金、光熱費などの支払いが増えてしまった場合などに対応出来なくなります。

余裕を持って、必ず払える金額を出しましょう。

家賃の目安を出す計算方法

  • 固定費を書き出す
  • 食費をザックリ算出する
  • 大まかな光熱費を予想する
  • (給料)−(生活にかかる費用)を計算

キャッシュバック賃貸では【お部屋探しサポートサービス】と言うものがあります。

下記の画像は、実際のページを引用したものになります♪

ここの左上にある【家賃相場】というリンクから、全国の地域や駅ごとの家賃平均を見ることが出来るのでそちらも参考にするといいですよ♪

キャッシュバック賃貸

アパートの間取り

希望は大きくなってしまいがちですが、広くて綺麗アパートはそれなりに家賃も高くなります。経験から言うと高望みしない方が無難。

私が住んでいたアパートの間取りは【間取りは2DK(洋室6畳、和室4.5畳キッチン6畳)トイレとお風呂別】でしたが、大人2人で生活するには充分な広さでした!

途中で子供が生まれたのですが、家族3人でも余裕でしたよ( ´ ▽ ` )

まずは家賃やエリアを決めてから、どんな物件があるのか実際に見てみることをお勧めします。

 

アパートを実際に探す方法

次は実際にアパートの物件探しをしましょう。

  • ネットで探す
  • 不動産に行く

主にはじめはネットでアパートの情報を探すのが、わりとカンタンでおすすめですよ。

キャッシュバック賃貸のサイトを例にあげると、全国の賃貸物件がすぐに検索可能。

エリアや家賃の上限等、条件を入力すると外観や間取り、家賃などの基本的な情報を見ることが出来ます。

上記画像3点引用元:キャッシュバック賃貸~祝い金がもらえる賃貸情報サイト~

細かい条件検索が出来るのでとっても便利ですね!ちなみに条件は全部にチェックをしなくてもオッケー!ザックリ調べる事もできます。

百聞は一見にしかず!実際に検索した方がわかりやすいと思うので、サイトを貼っておきますね♩


ネットで、いい物件に出会ったら必要事項を入力して、賃貸物件を取り扱っている最寄りの不動産と直接やりとりをする、という流れになります。

いくらカンタンと言われても、ネットはちょっとわからない!という方は、実際に賃貸物件を取り扱っている不動産店舗に行ってみましょう^^

  • アパマンショップ
  • エイブル
  • ピタットハウス
  • SUUMO
  • ミニミニ
  • ホームメイト
  • ホームズ
  • アットホームなど

住んでいる地域にある実店舗へ行き、担当してくださる方にアパートの条件を伝えてアパートを探してもらいます。

相談やアパート探しは全て無料で、何軒もの情報を印刷してくれます。

ネットで検索するのが苦手な方は、迷わず実店舗に行ってみて下さいね。

 

アパートの初期費用は?

アパートを借りるにあたって、入居前に払うお金があります。それが初期費用と呼ばれています。

おおよその内訳はこちら

  • 前家賃・入居月の家賃(日割り)と翌月の家賃
  • 敷金・【家賃の1〜2ヶ月分】アパートを退去時の原状回復に当てられる費用
  • 礼金・【家賃の1〜2ヶ月分】大家さんにお礼として払う費用
  • 仲介手数料・【家賃の0.5〜1ヶ月分】アパート探しを手伝ってくれた不動産に払う費用
  • 火災保険料・【2年契約2〜3万】個人で入る場合は加入証明が必要
  • 鍵交換費用・【2〜3万】交換しない場合は無料
  • 保証料・【1〜2年契約家賃の0.5〜1ヶ月分】保証会社に払う費用

初期費用だけでいくらかかるんだー!って感じですね。

家賃8万円のアパートだと、ザックリ計算しただけでも初期費用が40万円近くなります。

高いですよね〜。

引越し費用や家電を買う費用も考えると、少しでも安く出来ないかと思いますよね。そこで私がやったのは値下げ交渉です。不動産に何度も相談、交渉しました!

値下げ交渉ができた項目

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料

ちなみに私の場合、全額カット!無料にしてもらうことが出来ました。(条件によるので必ず無料になるわけではありません。)

これで、約20万近くあった初期費用は5〜6万ほど節約になりました♪

少しでも安くなったら嬉しいですよね!是非担当の方に交渉してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?今までの内容をまとめます。

アパートを借りる手順

  1. 間取りや家賃の目安、住むエリアといった条件を決める
  2. 条件に合う物件を探す
  3. 不動産に行く
  4. 物件を見に行く
  5. 申し込み(審査)
  6. 契約手続き
  7. 引越し
  8. 入居後の手続き

家賃の目安の算出方法

  • 固定費を書き出す
  • 食費をザックリ算出する
  • 大まかな光熱費を予想する
  • (給料)−(生活にかかる費用)を計算

初期費用の目安

  • 前家賃・入居月の家賃(日割り)と翌月の家賃
  • 敷金・【家賃の1〜2ヶ月分】アパートを退去時の原状回復に当てられる費用
  • 礼金・【家賃の1〜2ヶ月分】大家さんにお礼として払う費用
  • 仲介手数料・【家賃の0.5〜1ヶ月分】アパート探しを手伝ってくれた不動産に払う費用
  • 火災保険料・【2年契約2〜3万】個人で入る場合は加入証明が必要
  • 鍵交換費用・【2〜3万】交換しない場合は無料
  • 保証料・【1〜2年契約家賃の0.5〜1ヶ月分】保証会社に払う費用

 

\全国の賃貸情報が集結!/

祝い金がもらえる賃貸情報サイト-キャッシュバック賃貸-

 

-ライフスタイル

© 2021 Powered by AFFINGER5